社会福祉法人三福福祉会は、“寄り添い、その人らしい暮らしを支え合う”を理念とし、利他の心で温もりある介護を目指しています。

>
>
行事計画・事業計画

事業計画・行事計画

家族の会行事計画

平成29年度家族の会事業計画
事業名 日時 内容
家族の会総会 平成29年5月28日(日)
総会及び交流会 午前10:30〜午後11:50
 

(総会及び交流会)
平成28年度事業報告・会計報告
平成29年度事業計画・予算案の審議
平成29年度家族の会役員選出
家族の会会員、職員の意見交換会
(家族の会役員会)

A,M,9:50~A,M,10:20

大掃除

平成29年7月2日(日)

午前10:00~午前12:00

窓ふき・外廻り等
盆踊り 平成29年8月6日(日)
午後2:00〜午後4:00
盆踊り 会場後片付け
敬老会
(敬老祝賀式典)

平成29年9月9日(土)
式典 午前10:45〜午前11:30
会食 午後12:00〜午後1:00

(敬老演芸会:9月3日(日)15時~16時

       9月17日(日)15時~16時)

平成29年敬老式典 祝膳
交流模擬店 平成29年10月15日(日)
午前10:30〜午後2:00
模擬店
(たこ焼、焼きそば、おでん、おにぎり、
サンドイッチ、飲み物)、カラオケ、ビンゴゲーム

ご家族様のご協力を宜しくお願い致します。

 

平成29年度各部署事業計画

1.介護課
(1).基本計画
  • ア.入居者様の過去の生活を理解し、入居前の生活を可能な限り援助し、良質のサービスを提供します。
  • イ.コミュニケーションに重点をおき、入居者様が満足できる介護を目指します。
  • ウ.施設内、施設外の研修を積極的に活用することにより、自己啓発に努めます。
  • エ.入居者様の変化に対応する柔軟かつ新しいかたちの介護の構築を目指します。
  • オ.新規事業デイサービス事業の体制づくり並びに内容の充実に係る情報収集またサービスの立案を目指します。
  • カ.介護事故防止並びに防災計画に万全を尽くします。

 

(2)重点項目
  • ア.入居者様の入居前の情報を取り入れた介護サービス計画の立案とケアの実践を行います。
  • イ.入居者様、ご家族様ともコミュニケーションがとれ、共通認識のもの一丸となり良質の介護を行います。
  • ウ.基本に立ち返り、基本的介護技術を見直し、安全な介護を実践出来る様努めます。
  • エ.日常生活動作の生活リハビリ等に努めます。
  • オ.新任職員の育成と介護全体の質の向上に努めます。

 

 

2.健康管理課(医務室)
(1)基本計画
  • ア.介護サービスに看護サービスが沿い、個々の生活の質を損なわず、更に向上出来る様に看護サービスを行う様努めます。
  • イ.インフォームドコンセントの考えを重視し、充分な説明を行い入居者様及びご家族にご理解納得して頂けるようなサービスを図れる様努めます。
  • エ.看取りケアの主部署であることを念頭に置き、入居者様の看取り介護、看護に対して穏やかな終末が迎えられる様誠心誠意かかわるように努めます。
  • オ.感染予防、蔓延防止のための主導的な役割を果たせるように努めます。
  • 介護とともに褥創予防に努めます。
  • 新施設開設に伴い、廃止となる診療所について、必要な書類保管等適切な残務処理を行う。

 

(2)重点項目
  • ア.日常生活のケアを看護師の立場として専門的な立場から関わり、入居者様やご家族とね日頃から会話を重ね心身の変化に関わる情報を共有し、信頼関係を築きます。
  • イ.入居者様の意向を尊重した医療方針を嘱託医、介護職とともに共有し、満足していただける看護を目指します。
  • ウ.看取り期及び医療的に重篤な入居者様に対し、福祉施設として充分な対応を行い、状況に応じたカンファレンスの開催、意向の確認、説明を行う環境を整えます。
  • エ.感染症対策委員会の機能を充実させ、ルーティーンワークを徹底させ感染症予防、蔓延防止を図る。また、感染に関する新しい情報を収集し、勉強会を行い知識の啓蒙を図る。
  • オ.介護職員に対する喀痰吸引の教育、指導を徹底し、事故を未然に防ぎます。

 

 

3.給食栄養課(厨房・栄養)
(1)基本計画
  • ア.入居者様の健康の維持、疾病予防やQOLを高めるための栄養管理に努めます。
  • イ.入居者様、一人ひとりの栄養、身体の状況や病状及び嗜好を把握して、それに基いた栄養ケア計画の作成に努めます。
  • ウ.摂食機能障害、誤嚥の危険性のある入居者様に、経口により食事摂取が出来る様に経口維持計画の作成に努めます。
  • エ.研修等に参加して、質の向上に努めます。

 

(2)重点項目
  • ア.季節感あり、食欲を高めるよう盛り付けを工夫した食事を提供します。
  • イ.一人一人の体調に合わせ、嚥下、咀嚼しやすい食事を提供します。
  • ウ.適温管理を行い、安全な食事を提供します。
  • エ.普段の食事とは違った雰囲気を味わって頂けるお楽しみメニューを提供します。
  • オ.厨房内の衛生管理、職員の健康管理を図ります。

 

 

4.居宅介護支援事業所
(1)基本計画
  • ア.ご利用者の心身の状況、環境等に応じた各種サービスが、総合的かつ効果的に提供されるよう情報整理し、サービス計画を立案します。
  • イ.ご利用者及びご家族に対し、サービスの内容及び提供方法等をわかりやすく説明をします。
  • ウ.サービス事業者が不当に偏らないよう公正、中立に紹介をし、地域における利用者の選択肢の確保に配慮します。

 

(2)重点事項
  • ア.ご利用者及び家族のニーズを十分に把握し、安心して安全な在宅生活が継続できる居宅介護支援計画の立案に努めます。
  • イ.各種サービスに関する情報の収集及び地域包括支援センター等他機関との連携を図り、良質の介護サービスが提供できる居宅介護計画の立案に努めます。
  • ウ.一人暮らし、老老介護等ご利用者の環境を勘案し、居宅介護サービス計画の立案だけにとどまらず、良き相談相手になれるよう努めます。名称未設定ページ(3)